うさぎぐらし⑦ なんのアレルギー?

2018年の8月に14年生きたうさぎを亡くしたペットロスを乗り越えて、新しくうさぎを飼い始めた私。
うさぎとの生活の中で感じたことや、うさぎのことをただ描くコラムです。

ーーーーー

久しぶりにうさぎぐらしのコラムを書きます。
⑥でぼんやり終わりにしようと思ったのですが、うさぎぐらしは?と聞かれることも多く、書きたいことが見つかったので久しぶりに。

2019年の12月で新しくうさぎを迎えて1年が経ちました。
前のうさぎとは違い、食欲旺盛で大きくて人懐っこいコです。
ミニレッキスという種類で短毛種ですが、毛がびっしりと生え、実は抜け毛が多い。
うさぎには牧草を中心に食べさせてくださいと言われているものの、前のうさぎは全く食べなかったのであげていなかったのだけど、今回のうさぎは牧草をよく食べます。

そんな中、私の鼻炎や目の腫れが月日を増すごとに酷くなってきました。

普段私はイラストやデザインの仕事をしていて、締め切りのある仕事なので、睡眠不足が日常茶飯事になっています。徐々に体調を崩してきたので、睡眠不足などが影響しているのかもなぁとぼんやり考えていました。
睡眠時間を少しでも増やさないとと意識し始めたのですが、それでも瞼がどんどん腫れていく。
これはおかしいと思って眼科に行くと「ものもらい」とのことで目薬を処方されました。
ところが全然良くならない。
違う眼科に行ったところ「アレルギー」と診断されました。
私は元々花粉のアレルギーではあったものの、以前検査した時にはうさぎのアレルギーはなく、もちろん14年間平気だったし、、
なんだろう?なんのアレルギーだろう??と(今回は特にアレルギー検査していない)色々ネット調べたところ、「うさぎの食べる牧草(チモシー)でアレルギーになる人がいる」という記事をいくつか見つけました。

そうだ、前のうさぎとの違いは牧草だ。。。

うさぎの主な餌の原料のチモシーの牧草はイネ科で、一番刈りだと穂が出ている状態で刈るためその花粉がイネ科アレルギー持っている人には影響したり、また牧草は乾燥しているため微細な粉じんになり、それもまた影響するようなのです。
ハウスダストや花粉のアレルギーを持っている私はそれが影響した可能性は高い。
そして対策をあれこれと考えています。

もちろん、私の睡眠不足の状態もその引き金になっているのは言うまでもありません。
これを機に、生活丸ごと改善しないと。
今日3月24日が誕生日の私は誓うのでありました。

手っ取り早いところで花粉用のメガネが一番効果あるかも。(家でも外でもかけっぱなし)
分かりやすく楽なのです。遠藤ひろみ


 

コメントは受け付けていません。

WordPress.com.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。