写真から何があったか考えてみよう。 Vol. 4

ライターへのはげましのお便りはコチラから

ここは南極。あたり一面、氷の世界。

おやおやペンギンたちが何やら騒いでいます。どうやら今まで見たことのないような物体を目にして、あーでもない、こーでもないと言い合っているみたい。

 

さて、これを目撃してしまった、あなた!

 

あなたならこの写真からどんなことが思い浮かぶでしょうか?

今から1分間、自由に想像を巡らせてみてください!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

どんなことが思い浮かびましたか?

 

夏の間、雪が解けてあらわになっていた岩肌に、冬の訪れとともに氷が着き始めたところ?でも、それだとペンギンたちは毎年見ていて驚かないはず・・・。

 

それでは、何億年も氷の下で埋もれていた化石が、温暖化の影響で地表に現れた?

実際、南極では「木の化石」が発見されており、かつては森があったのではないかと考えられています。

南極はかつて森だった、古代の木の化石を発見 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト (nikkeibp.co.jp)

 

そんな、悠久の時を超えてはるか太古へと思いをはせる人がいる一方で、「いやいや、私はこれと同じようなものを見たことがあります。洗濯機の中に入れて使うアレですよね・・・洗濯物が絡まないようになるアレ・・・えーっと、アレですアレ・・・洗濯ボール!。なんか丸いのがいくつか重なってません?」と言う人がいるのか、いないのかわかりませんが、わからないことを身近なものから類推して考える。悪くないですよね。

 

まんなか世代は、目の前のリアルな生活で直面する問題が盛りだくさん。もちろんそれを次々と乗り越えていかなくては前に進めません。それはそれで必要なことではありますが、

ときに心を遠くへ遊ばせる時間も持てると、気持ちに余裕ができたり、自分の視野を少し広げることができたり、新しいアイデアが浮かんだり・・・そんなことってありませんか?

 

知らないものに出会う、わからないことに身を投じてみる・・・勇気が必要な時もあるかもしれませんが、その時こそが脳をフル回転させ、自分をまたひとつ成長させる時かもしれませんね。まんなか世代は、まだまだ伸び盛り、育ち盛り・・・ですよね?

 

 

※写真の謎の物体:「デザートローズ」という砂漠地帯で産出される鉱物結晶です。

 

 


〜執筆者プロフィール〜

ふうりん堂(ペンネーム)

さいたま市在住。広告代理店の戦略プランナー。人生100年時代のこの先半分をどう生きるかを考えて、心理カウンセラーを志し「カウンセリングルーム ふうりん堂」https://cocoro808ca.jimdofree.com を開設。資格:上級心理カウンセラー、ポジティブ心理学実践インストラクター、産業心理カウンセラー。趣味:苔テラリュウムと豆盆栽。夢:さいたま市が誰もが超気軽にカウンセリングを利用するウエルネスシティになること。

コメントは受け付けていません。

WordPress.com.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。